トイレトラブルの対策方法!トイレトラブル専門業者へ連絡

便器

トイレが詰まったら

生活トラブルの中でも多いのがトイレトラブルです。この主な原因は詰まりで、対処法にはラバーカップなどを使って自分で解決する方法と業者に依頼する方法があります。業者への依頼は電話1本で出来、5000円前後で修理してくれます。修理方法を間違えると別の故障に繋がるので早めに業者への依頼を検討しましょう。

MENU

止水栓の確認が大切

人形

連絡先を調べておこう

毎日使うトイレは日頃から掃除をしていても、突然起こるトイレトラブルに対して対策を練っておかないと不便さを痛感することになります。トイレトラブルに多いものに排水管の詰まりがあります。何かの拍子に物を落としてしまうと、内部が曲がった造りになっているためになかなか取り出すことができません。水圧で流れる物もありますが、一度詰まってしまうと、流した水があふれて二次被害をもたらしてしまいます。慌ててレバーを引く前に状況を確認し、早期にトイレトラブル専門業者へ連絡しましょう。事前に連絡先を調べておくと万が一の時に慌てずに済みます。業者へ連絡する時には故障箇所や状況を細かく伝える事で、早期に解決できるよう取り計らってくれます。トイレトラブルは水漏れも多く発生しています。タンク内で水が流れる音がしたり、レバーを引くと水が止まらない場合にも早急に連絡する必要があります。ボールタップがひび割れていたり、フロートバルブが故障しているなど、タンク内でさまざまな原因が考えられます。自分で無理をして水を溢れさせてしまう前に止水栓を止めることを忘れないようにしましょう。トイレトラブルが起きた時にはタンクの横に付いている止水栓を止めます。マイナスドライバーで閉める事ができるのでまず初めに水の流れを確実に止めましょう。これによって更なる水漏れを防ぐことができます。日頃から掃除をする時にタンク内で水漏れの音がしていないか、床が濡れていないか確認をする習慣を持つとよいでしょう。

作業員

業者に依頼するのが確実

トイレトラブルはつまり、悪臭、水漏れなどが代表的なものですが、迷ったら業者に依頼するのがおすすめです。いざという時は比較検討している暇がないので普段からチェックしておくとあわてなくてすみます。費用、迅速さ、信頼性などがポイントです。

トイレ

修理業者が来るまで対応

トイレトラブルで水漏れやつまりの場合、ある程度は自分で対応できるため、応急処置を施すと業者が来るまで何とかなるでしょう。どうにもならない部分も少なくない為、水圧や周囲の環境などの場合には触らずに静観することも重要といえます。

工具

トラブルの解消は専門家へ

トイレトラブルには、詰まりや水漏れなどがあり、これらは自分で解消することも可能です。しかし、自分で修理をしようとしたことで悪化することもあります。安全にトイレトラブルを解消するためにも、プロに依頼をすることが賢明です。

トイレ

困ったらプロに依頼

トイレトラブルは365日24時間発生する可能性があります。そこで過去に実績のある、信頼できる業者を選びたいものです。見積もりを丁寧にしてくれ、内訳を細かく記載して、しっかり説明してくれ、修理後もアフターケアをしてくれる出来れば地元密着型の業者を選ぶようにしましょう。